Home > バックナンバーNO.61~NO.70 > No.70 「不適切コンプライアンス講座」 (2010.8.27)

No.70 「不適切コンプライアンス講座」 (2010.8.27)

今の社会は、特に企業社会の中では反社会勢力への対応をために、
法律順守の考え方を強く打ち出しています。それは大賛成です。反社会
勢力への資金になったり、協力を促したりすることへは、真っ向から勝負
すべきであると思います。

しかしながら、昨今のコンプライアンスというものの極一部分ですが、
間違った方向に進んでいるように感じる時もあります。
法律の順守の前に、やはり常識や社会通念、道徳的な感性が前提になるべき
ですが、それが欠如して、ルールのみを振りかざすようなことがあっては
いけないように思います。

サブロー通信では、時事ネタは、避けてきたのですが、昨今の大阪幼児置き去り
事件や、消えた老人問題、相撲協会問題等を少し書いてみたいと思います。
私論が多いので、大変不謹慎な話がいくつかあるのですが、個人的な意見とし
てご勘案頂き、寛容に受け止めて頂ければ幸甚です。

NHKニュースからですが・・・
『東京都内で19日も熱中症で7人が亡くなっていたことがわかりました。
先月の梅雨明け以降に全国で熱中症で亡くなった人は、すでに300人を超
えています。』
300人を超える方々の中には、当然、ご注意をされた亡くなった方もいらっしゃ
るとは思います。大変な数字です。
ただ、東京23区内で8月19日に新たに男女7人が熱中症で死亡したという
ことですが、年齢別では、50代が1人、60代が1人、70代以上が5人で
いずれもエアコンが設置されていないか、設置されていても使っていない状態で
室内で死亡していたということです。また、7人中5人は1人暮らしだったそう
です。

私は、このようなご高齢の人達が、本当に熱中症で亡くなったのかというのが
疑問に残るのです。
中には元々、生きる気力が無く、『死んでもいいや』と思っていたのではないか?
と私は感じなくもないのです。

昔、警備会社の経営をしていたときに、ご高齢の人をスポット的に雇っていました。
その人は当社に登録をしてあって、お金が無くなると、「仕事ないですか?」
と連絡がきます。人員の空きがあった時だけ入ってもらいます。
その人が言っていたのですが、朝起きると
「あー今日もまだ、生きてるよ」
と思うのだそうです。
当時は、私は20歳代で、そのような話を聞いても笑って受け流していましたが、
今でもその言葉が、耳に残っています。年を取れば、当然、死を意識するとは
思いますが、『どうせ死ぬなら、眠ったまま死にたい」という感じの話し方
でした。
上記のアパートで一人暮らしの老人と言う意味では、その元警備員もまったく
同じ環境だと思います。同じ熱中症の危険を背負って暮らしていたと思います。

お金が無いから、クーラーを入れられない。電気代が払えない・・・・その為に
「まー死んでもいいか。迷惑をかけないようにしておこう」
と身の回りを整理する。
消えた老人問題と言うものがありますが、消える前に何かできる法律があっても
良いのかなと思います。身近な人が消える前に、私は何かできることを考えたい
と思います。

Home > バックナンバーNO.61~NO.70 > No.70 「不適切コンプライアンス講座」 (2010.8.27)

Return to page top