Home > バックナンバーNO.51~NO.60 > ■No.060 :「小宮山引退(桑田の幻の同級生」(2009.9.30)

■No.060 :「小宮山引退(桑田の幻の同級生」(2009.9.30)

日本プロ野球界の最年長投手、横浜の工藤氏が今年限りで横浜での現役を終える。 本人は、次のプレー場所を探すとの意思を新聞で発表した。
パリーグの最年長投手であるロッテの小宮山投手も、9月20日の日刊スポーツ新聞に大きく引退の記事が書かれている。

私事で恐縮ですが、ロッテの小宮山とは同級生だった。
おやじ世代の現役が減り、寂寥を感じずにはいられない。

小宮山投手は89年のドラフトの時、早稲田大学の20勝投手としてドラフト1位でロッテに指名入団。93年に開幕試合から6試合連続の完投勝利というプロ 野球記録を樹立。97年には最優秀防御率を記録した。その後、横浜、ニューヨークメッツを経て、再びロッテに復帰。
その計算された投球と制球力で『精密機械』と呼ばれた。

彼は高校時代、千葉の芝浦工大柏から早稲田大学に入ったが、まったくの無名投手だった。
大学に入るのに2浪していることが、それを物語っている。
私も大学の野球部に入るのに2浪していて、歳も一緒の同級生であるが、
同じ部分はそこだけで、彼の努力と才能は人並み外れていた。
手足が長く、躍動感のある投球と制球力は当時から抜群で、
大学2年の時に明治大学を完封したのは素晴らしかった。
3年生の時、26年ぶりに復帰した「練習の鬼」と異名をとる石井連蔵監督の元、
シュートとスライダーに磨きをかけ、勝ち星を重ねた。

少し話が反れるが、私が大学に入学する年は、PL学園の桑田投手が早稲田に来ると言われた年だった。結局、巨人軍にドラフトされて入団。早稲田への入学を蹴ってしまった。
いわゆる「桑田事件」の年で、我々は桑田投手と幻の同級生の時代だ。
もし桑田選手が早稲田に来ていたら、果たして、周りの人にどのような影響を与え、
何人の人の人生を変えてしまったのだろうかと思うことがある。
同時期に早稲田で育った人にとって、大きな影響を与えたであろうことは確かだと思う。
(ただ、ちょっと今回は突っ込んで書くのをやめておきます。)

下記、ウィキペディアの情報

小宮山と慶應義塾大学の大森剛(巨人→近鉄)との対決は、早慶戦の華と呼ばれた。
大森は、3年の春にはリーグ打率の更新、秋には2シーズン連続首位打者が期待されていたが、
そのいずれも小宮山によって阻止されている。
しかし、その秋の早慶戦ではチームの勝利優先のために大森を敬遠、慶應側スタンドからの野次に思わずマウンドで涙したという逸話も残っている。

このウィキペディアの情報は一部間違っているので訂正したい。

彼が涙したのは、大森と勝負したい気持ちに反した、敬遠のサインが悔しかったからではない。
当時3年生投手の小宮山、キャッチャーは4年生の相田氏。
本来、最終学年で最後の早慶戦で勝ちにこだわりたい相田捕手が、初めて監督の指示を無視し、小宮山に勝負のスライダーのサインを出したからだ。

相田氏の心意気がうれしく、しかし、監督の指示を無視することもできずに、
マウンドでプレートを外し、涙した。
もう、20年前の話であるが、私はたまたまレフトを守っていて彼のマウンドを見ていた。
キャッチャーを指さし、マウンドを外した彼に何があったのかなと感じていた。

私は、会社の社員に「プレーヤーになれ」と言っている。プレーヤーは批判にさらされる。
失敗をすれば誰もが分かる。数万人、テレビを見ている人を含めれば、数百万、もしかすると
数千万人の人のから失敗の評論を頂く。
しかし、プレーヤーはその責任に自ら応えなければならない。
それがプレーヤーだ。評価される側の人間だ。そのことに生きる価値があると思う。

ただ、プロ野球においては、私は20年もの間、応援側の人間をさせてもらった。
20年、応援させてもらったことには本当に感謝したい。小宮山、お疲れさん。

Trackbacks:9

Trackback URL for this entry
http://www.retail-support.co.jp/saburomail/wp-trackback.php?p=170
Listed below are links to weblogs that reference
■No.060 :「小宮山引退(桑田の幻の同級生」(2009.9.30) from サブロー通信
****** 15-06-01 (月) 18:16
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 15-06-18 (木) 3:26
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 15-09-07 (月) 1:23
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 19-02-02 (土) 11:00
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 19-02-17 (日) 20:07
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 19-03-01 (金) 10:45
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 19-05-18 (土) 5:14
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 19-05-28 (火) 11:57
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 19-08-27 (火) 22:44
このコメントは管理者の承認待ちです

Home > バックナンバーNO.51~NO.60 > ■No.060 :「小宮山引退(桑田の幻の同級生」(2009.9.30)

Return to page top