円と縁


勝つ方法を知っている人がいる。どうしてそうも勝てるのかと聞く人がいる。勝つ人は、本能でそれを知っている。知らない人は、理由をつけたがる。勝つ理由が結果から導く人は、その一つの方法論しか学べない。本能ある人は、柔軟に対応し、良い結果をいくつも導く。
勝ち馬に乗ろうとする人がいる。勝ち馬に乗ろうとする人は、流行りごとが好きだ。その時の流行りごとを知ろうとする。しかし、流行りごとは、時代で推移する。早い時代の流れの中で、常勝を見極めるには極めて難しく、何度も何度も流行りを追いかけて、時代を追いかける事が仕事となる
自分は、答えを知っていると吹聴する人がいる。その人は、客席から観ている傍観者で、主役ではない。主役であれば、吹聴しないで自分で主役を演じている。自分を知ろうともせず、他人の人生を占い惑わせる。
臆病で、前に出れない人がいる。過去の失敗にとらわれて、前に進めない人がいる。新しい経験が、自分を変えてくれる事を知らない人がいる。前に進まない限り、過去からの呪縛は解けない。失敗から学ぶ事をしなければ、前には進めない
愛する人に不安を与えてしまう人がいる。不安とは、言葉でなくその人の態度、対応で相手に印象を与える。不安は、人の心のに棘を作る。棘が周りの不和を産み、全てがうまくいかなくなる。孤独が増し、不安を更に与える循環を呼ぶ
戦う事の意味を知りたい人がいる。どうしてそこまでやるのかと考える人がいる。そこまで真剣にやらなくてもいいじゃないかと思う人がいる。戦う当事者は、特に意味を求めていない。それを使命と思える人は、幸せだ。意味を考える必要がない。生きる事の全てだからだ。自分が気が付いたからそれをしているにすぎない
自分には、これしかないとコツコツ努力を積み上げる人がいる。どんなに苦しい境遇でも、犯罪を犯さず、人を騙さず、自分をバカと自覚し、繰り返し、繰り返し努力を重ねて来たるべき日を待つ者がいる。同じ事の繰り返しは、神経を鋭意にさせ、小さな間違いを把握できるようになる。間違いないが少なくなる事で、信頼が生まれ、必要な人や資材が集まり、不必要な人が自ら去っていく。それが大自然の調和を生む。調和は、その人に更なる運を運ぶ。
自分に訪れたチャンスを知る人がいる。その人はそれを天命と呼び、運の循環を引き寄せる。
新規カメラ開

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>